韓国ドラマ

夫婦の世界 感想 韓国ドラマ|スピード感があり中毒になるドロドロ愛憎劇

韓国ドラマ「夫婦の世界」(原題:부부의세계)を観ました。

SKYキャッスルやトッケビ超え⁉という事で放送当時には話題になっていたこのドラマ。

かなり気になっていましたがようやく視聴する事が出来ました。

SKYキャッスル 感想|見始めると止まらない面白さ!韓国ドラマ「SKYキャッスル」を観ました。 反響が大きく高視聴率だったこのドラマ。 初回視聴率1.7%から最高23.8%まで...



夫婦の世界 作品情報

 

放送日:2020年3月27日~5月16日

製作国:韓国(JTBC)

ジャンル:サスペンス、ラブロマンス

原作:BBC「女医フォスター 夫の情事、私の決断

脚本:カン・ウンギョン

演出:モ・ワンジ

話数:16話

 

夫婦の世界 キャスト

  • チ・ソヌ(キム・ヒエ)
  • イ・テオ(パク・へジュン)
  • ヨ・ダギョン(ハン・ソヒ)
  • コ・イェリム(パク・ソニョン)
  • ソン・ジェヒョク(キム・ヨンミン)
  • ソル・ミョンスク(チェ・グキ)
  • イ・ジュニョン(チョン・ジンソ)
  • ミン・ヒョンソ(シム・ウヌ)

 




夫婦の世界 あらすじ・予告

富と名誉を手に入れ、愛する夫と息子に囲まれ順風満帆な日々を送る女医チ・ソヌ(キム・ヒエ)。そんなある日、夫イ・テオ(パク・ヘジュン)のマフラーに1本の長い髪が。ソヌの疑いどおりテオは若いインストラクターのヨ・ダギョン(ハン・ソヒ)と浮気をしていて、そのことはソヌの周りの友人や同僚には周知の事実だった。そして、傷つくソヌの前にダギョンが診察に訪れる。検査の結果、ダギョンはテオの子を妊娠していたのだった…。
全てを知ったソヌの壮絶な復讐劇が始まる――。(引用:BS朝日)

 

夫婦の世界 感想(ネタバレなし)

さすが話題作品。

最初からラストまで退屈とは無縁。

ずっと先が気になり無駄なシーンも無く、ハラハラドキドキしながら緊張感たっぷりの16話でした。

ここまで飽きさせずに視聴者を惹きつけるのは素晴らしいです。

BBCのドラマが原作ですけど、知らなければこれぞ韓ドラの王道!という感じのドラマですね。

やられたらタダでは終わらない展開の連続

ストーリー展開も次々と畳みかけるように異常な行動をしてくれますし(笑)主演達の演技も鬼気迫っていて流石。

前半は頼りないヒモ男とでも言おうか、ダメ夫のテオの浮気がいつバレるのか⁉妻にバレている事をいつ夫は知るのか⁉という事でハラハラ続きでした。

ましてや、浮気相手の妊娠を医師である妻ソヌが知ってしまうという…壮絶な展開も怖いけど面白い。

とにかく前半はソヌの怖さが際立っていましたね。
「浮気した夫をタダでは許さない」という執念と恨みを感じる恐ろしさでした。

折り返し時点からさらに異常さMAX

で、ようやく夫テオも浮気がバレている事を知り、浮気相手の両親にも暴露。そして夫婦は離婚。

これで普通のドラマなら終了でしょ?

と思うけど、ここが折り返し時点
ここからが本番とも言える程、異常な人続出。笑

離婚してからは今度は夫テオの異常性が際立ってきて、妻ソヌが恐妻だと思っていたけど、本当に怖いのは夫テオだった…という気味の悪さ。

途中から「これホラーだっけ?」と思えるシーンもありました(^^;)

危機感迫る迫真の演技

ソヌ役のキム・ヒエさんの演技は第56回百想芸術大賞で女性最優秀演技賞などを受賞されただけあって、本当に緊迫感たっぷりで素晴らしかったですが、テオの二面性の演技も見逃せなかった。

前半はあんなに頼りない弱男だったのに、後半に向けてどんどん異常者に見えてくる豹変ぶりが凄い!

テオを演じたパク・へジュンさん、他の作品でもちらほらお見かけしていたのにあまり印象に無く…。このドラマで強烈にインプットされました!




これだけの愛憎劇にヒューマン性も忘れない

さらに夫婦関係だけの問題ではなく、子供ジュニョンまで不良化していくし、まさに家庭崩壊。

でもそんな中で、全てを失ったソヌが息子から「迎えに来て」と電話をもらい、車でかけつけるシーンには泣けました。テオの息子を想う気持ちも本物。

これだけの愛憎劇の中で、そういった親子のヒューマン部分もしっかり盛り込まれているのが韓ドラらしいです。

 

キム・ヨンミンの色気

隣人夫婦のイェリム&ジェヒョクの関係も見応えがありましたね~。

ソヌ&テオ夫婦が異常過ぎるので、まだイェリム達は普通に見えてしまうこのドラマ。

ジェヒョクを演じたキム・ヨンミン


ご存知「愛の不時着」の耳野郎ですが、このドラマではジェヒョクの色気が凄い!とドギマギしてしまいました。耳野郎の時と正反対。ジェヒョクの女性を口説く時の目つきとか、本当に上手いです。これはイェリムがギリギリまで捨てきれなかった気持ちも少し分かるなぁ。

シム・ウヌの魅力

あと、私がこのドラマの登場人物で一番好きだったのが、ヒョンソを演じたシム・ウヌさん。

ソヌの協力者で、要所要所で良い仕事をしてくれます。

でもヒョンソ自身も元カレのストーカー行為に悩まされていて、こちらも壮絶。

このヒョンソを演じたシム・ウヌですが、物凄く魅力的だと思いませんか?私、この女優さんを意識して見たのは本作が初めてですが、登場する度に見惚れてしまいました。まず顔がドストライク。笑
それに佇まいというか、醸し出す放っておけないような雰囲気が、凄く印象に残りました。

彼女の主演作品が見たい!

 




夫婦の世界 感想(ネタバレあり)

↓以下ネタバレあり

 

本当に16話ギリギリラストまで息をつく暇もなくスピード感のある展開に圧倒されて見続けました。

そして最終回。

テオが車に飛び出したシーン。

あそこ!!!
申し訳ないけど死んで欲しかった!(スミマセン)

私はテオが車の前に飛び出した瞬間、なるほど!そうきたか!と思いました。

その前にソヌが思わず「いっそ死んでよ」と言ってしまったので、あれは伏線だったのか…と思ったのですが…

結果、死にきれず。

え~、また同じ繰り返し?結局ソヌは見捨てきれず、逆にそんな母親を息子が見捨てて逃げてしまう…という展開。

う~ん、ここまでドッカンドッカン飛ばしてきたのに、ラストで急ブレーキで止まったような印象です。

ここまで強烈な展開続きだったので、ラストも思い切って有り得ない展開を期待したのですが、最後は物足りなかったかな。

まとめ

決して見ていて気持ちの良いドラマではないし、見終わった後に「良いドラマを見たわ」とも思えません。ただ見ている間はやめられない。中毒性があり、次が気になって仕方がない。早送りなどする隙もなく、次々展開するストーリーについていくうちに16話が終わっていたという感じです。ドロドロハラハラが好きな方にはピッタリ!

SKYキャッスル 感想|見始めると止まらない面白さ!韓国ドラマ「SKYキャッスル」を観ました。 反響が大きく高視聴率だったこのドラマ。 初回視聴率1.7%から最高23.8%まで...