韓国ドラマ

愛しのホロ あらすじ感想|超おすすめドラマ!癒されるラブストーリー

韓国ドラマ「愛しのホロ」を観ました!

いや、ほんと!!ヤバイです!1話からグイグイ引き込まれる面白さ。観終わった今、頭から離れません!

AIと人間の恋愛をテーマにしたこのドラマ。ありがち~と思ったら大間違い!設定やストーリーも凝っていて、全12話があっという間の心温まるラブストーリーです!



愛しのホロ 作品情報

愛しのホロ出典:netflix

 

公開年:2020年2月7日

製作国:韓国

ジャンル:ロマンチックヒューマン、恋愛、SF

演出:イ・サンヨプ

脚本:リュ・ヨンジェ

話数:全12話

配信:Netflix

韓国ドラマにしては短い12話ですが、その中に面白さがギュッと凝縮されたように詰まっているドラマです。

 

愛しのホロ キャスト

  • コ・ナンド役/ホロ役(ユン・ヒョンミン)
  • ハン・ソヨン役(コ・ソンヒ
  • コ・ユジン役(チェ・ヨジン)
  • ペク・チャンソン役(2PMチャンソン)

ユン・ヒョンミンは二役を演じています!




愛しのホロ あらすじ・予告

あらすじ
孤独なソヨンの日常に突然入り込んできた、世界にひとつしかない人工知能のプロトタイイプ、ホロ。「ご主人様」と呼ばれ戸惑うソヨンだったが…。(引用:Netflix)

 

感想(ネタバレなし)

完全にハマりました!私(^^;)

SF好き、ラブストーリー好き、ヒューマン好き…なのでドンピシャのドラマでした。

軽く観やすいドラマ

よくあるAIとの恋愛ドラマとは一味違うストーリーになっていますが、難しくもなく軽めで可愛いドラマですので、誰でもすぐに入り込めるドラマだと思います

愛しのホロ
▲AIホロと出会うシーンなどもワクワクします。

登場人物もそれ程多くなく、メインの3人の関係を中心にストーリーが展開していきます。

話数が12話というのも手軽に観やすいですし、私はいっきに全話観てしまいました(^^;)

ユン・ヒョンミンの二役が上手い!

まだ韓ドラ歴が浅い私はユン・ヒョンミンの事を知らなかったのですが、このドラマで完全にノックアウトされました!

観るドラマごとに主演俳優に気持ち持って行かれる私ってどうなの?(汗)

じっくり見ると超美男子って訳でもないと思うのですが、ふとした瞬間に凄くいい表情をされるんですよね。

そして何より!この「愛しのホロ」での二役の演技が凄く上手いです!

愛しのホロ▲(左)ホロ(右)ナンド

俳優が二役を演じたドラマなんて、日本でも海外でも数知れずありますが、私、もしかしたらこのユンヒョンミンの二役の演じ方が誰よりも好きかも~。

多くのドラマでは二役の違いを分かりやすくする為に、髪形や衣装、メイクなどで大袈裟な程違いを表現している場合が多いように思います。

だけどこの「愛しのホロ」では、多少の髪形や洋服の違いはあるものの、それ以上に演技で感じる違いの方が圧倒的に大きかったです。

ほとんど服装や髪形が一緒であっても、その表情でどちらか分かる感じ。

それがまた、ザ・演じてます!って感じじゃなくて、自然なんですよ。
後半はホロがそのシーンにより変化していくので、ある意味3役?4役?をその時々で演じ分けているのが凄いです。

ユン・ヒョンミンは元々野球選手だったというから更に驚きです。野球選手から俳優に転身して、ここまでの演技が出来るの~??凄過ぎます。

ちなみにヒョンミンssiは実生活で、「ゴハン行こうよ3」にも出演していたペク・ジニとお付き合いされていますがこの二人大好き。

美味しい初恋~ゴハン行こうよ~3 あらすじ・感想|ユンドゥジュン主演人気シリーズ何気なく観始めた韓国ドラマ「美味しい初恋~ゴハン行こうよ~3」 食事を中心としたグルメ・ラブロマンス! 食事シーンがわんさか...

地味系女子にコ・ソンヒ

ソヨン役のコ・ソンヒも、このドラマで初めて知ったのですが、私は好きなタイプです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

고성희 / Ko, Sung-Hee(@krnangel621)がシェアした投稿

いかにも韓国美女!という感じではなくナチュラルで可愛い雰囲気で。どちらかというと日本の女優っぽいかも。とにかく眼鏡していてこれだけ可愛いってさすがよね?

可愛いけれど普段はちょっと地味で人付き合いが苦手で…という役にピッタリでした。

AIホロの癒し効果

AIのホロがとにかく優しいです。

愛しのホロ

いつも助けてくれるホロ。ずっと一緒にいてくれると言うホロ。雨が降れば手をかざしてくれるホロ。
振り返ればいつもそこにホロがいて、優しく微笑んでくれる。

そんな素敵なAI、好きにならずにいられます~?

このホロのキャラクターがほのぼのしていて、このドラマ全体を優しく温かい雰囲気にしています。




感想(ネタバレあり)

↓以下ネタバレあり↓

AIと人間の三角関係

最初、このドラマはAIと人間…ホロとソヨンの二人の恋愛ドラマだと予想していました。

愛しのホロ

よくあるAIが登場する恋愛映画とかってそんな感じですよね?

ですがこのドラマは違った。(それが面白いところ)

ホロのモデルであり製作者でもあるナンドが登場します。
ナンドは自分の顔とソックリなAIを作ったもう一人の人間の主人公なのです。

最初は心優しいホロに惹かれ、ホロの事が好きだと思うソヨン。

愛しのホロ
▲触れられないけど、優しく癒してくれるホロ

だけどホロと同じ顔をしたナンドと関わるようになり、ホロとナンドの間で気持ちが揺れていきます。

愛しのホロ
▲触れられるけど無愛想で冷たいナンド

優しいAIか触れられる人間か…みたいな?いや、そんな単純じゃないけど。

私なら絶対ホロ派なんですけどね~(笑)
天邪鬼タイプのナンドも好きですが、ホロのあの天使っぷりを見ると、AIドラマ王道の展開、AIと人間が結ばれました!みたなのも観たかった…。

ホロとナンド 一人二役の面白さ

このドラマの最大の面白さは、AIホロと製作者のナンドが同じ見た目だという事ですが、それをいかしたシーンがいくつもあり、胸キュンさせられたり、笑えたりします。

胸キュン!

ホロのフリをしたナンドが、「ソヨンがそんな人で良かった」「僕達は欠陥があるからこそこうして出会えたんだ」と言うシーン。

これが良いの!あの切ない目が素敵過ぎます!普段のナンドでは言えないセリフを、ホロのふりをすれば言えるというとても良いシーンです。

笑える!

あと同じくホロのフリをしたナンドが、ソヨンを守る為にしばらく一緒に生活する事になるのですが、その時のナンドが必死にAIを演じようとしても人間っぽさが出てしまい狼狽える姿が笑えます!

逆に、ナンドのふりをするホロが登場するシーンもあり、これもソックリな二人が並んで「どっちが本物?」となるのですが、癒されて笑えるシーンです。

結局このドラマの中で、ユン・ヒョンミンは

  • ホロ
  • ナンド
  • ホロのふりをするナンド
  • ナンドに変身したホロ
  • 記憶を失ったホロ
  • マジックミラー仕様に変わったホロ

と、見た目は同じでありながらも、微妙な役の変化を演じ分けている事になります。これを観るだけでも価値がある!

後半の展開

後半のマジックミラー社との争いは1~2話でサクッとまとめたような展開です。ナンドとソヨンの過去が明らかになっていきます。

ナンドは母親に捨てられたと思っていたが、実はマジックミラー社の会長に殺害されたのだった。又、ソヨンが失顔症になった理由もその殺害現場を目撃したのが理由だった

という、まぁ特にひねりも無く単純なオチとなっていますが、このドラマはそこは重要ではないと思います。あくまでもAIホロと人々の関わりが心温まるストーリーなので、サスペンス要素はこの程度の軽さで丁度良いかなと。

切なく最後まで優しいラスト

最後にホロは自分で消える事を決断します。

ソヨンの幸せの為に。そして何よりナンドの幸せがホロにとっては最も優先する事だと、ナンドの母親にプログラムされているから。

うーん、切ない。
だけどホロはナンドの友達でもあり、分身でもあるのだから、ナンドの中にホロがいる…と思う事で私は納得しました。

そしてラスト。
ユジンとチャンソンの結婚式で記念撮影したその写真に…笑顔のホロが写っている!

と、やっぱり最後までほんわか癒してくれるラストで大満足でした!

 

愛しのホロ OST

Shining Stars/PlayJ

↑この曲、メッチャハマりました!!
切ないメロディから徐々に優しい雰囲気に変化していくのが最高。

Love Again/KLAZY

↑こちらも印象的で世界観を感じられます。

 

まとめ

これ以上ハマる韓国ドラマは無い!と毎回思うのに、またハマったドラマでした(笑)

話数も短いですし、それ程話を広げずまとまったストーリーになっています。とても温かい気持ちで観終える事が出来るので、個人的にはかなりお勧めです。

「愛しのホロ」はNetflixで配信中
本ページの配信情報は変更される可能性があります

 

魔女の法廷
魔女の法廷 あらすじ感想|ユンヒョンミン×チョンリョウォン主演!韓国ドラマ「魔女の法廷」を観ました。 ユン・ヒョンミンが主演という事で観始めたドラマですが、予想外にストーリーが面白く内容が充実し...
キミはロボット(君も人間か?) 感想|ソガンジュンが一人二役韓国ドラマ「キミはロボット(原題:君も人間か?)」を観ました。 ソ・ガンジュンが人間とAIロボットの一人二役を演じるファンタジーロ...

(本記事内の画像引用元全て:Netflix)