韓国ドラマ

ブラックドッグ あらすじ感想|心に沁みる感動ヒューマンドラマ

韓国ドラマ「ブラックドッグ」を観ました。

ソ・ヒョンジン×ラ・ミラン共演。新米女性教師の奮闘と成長を描く感動のヒューマンドラマです。



ブラックドッグ 作品情報

ブラックドッグ

公開年:2019年12月16日~2020年2月4日

製作:韓国(tvN)

ジャンル:ヒューマン

脚本:パク・ジュヨン

演出:ファン・ジュンヒョク

話数:全16話

ブラックドッグ キャスト

  • コ・ハヌル役(ソ・ヒョンジン)
  • パク・ソンスン役(ラ・ミラン)
  • ト・ヨヌ役(ハジュン)
  • ペ・ミョンス役(イ・チャンフン)
  • ムン・スホ役(チョン・ヘギュン)
  • チ・ヘウォン役(ユ・ミンギュ)
  • キム・イブン役(チョ・ソンジュ)



ブラックドッグ あらすじ

あらすじ

ハヌルは高校生の時の修学旅行で事故に遭ってしまう。バスの中に取り残されたハヌルを救ってくれたのは非正規職員の男性教師であり、その教師はそのまま亡くなってしまう。
その行動に心を動かされたハヌルは教師を目指し、大人になってからは何度も採用試験を受け続けたが不採用が続いた。そんなある日、1年間の臨時職員として私立テチ高校の教師として採用される。
しかしいざ教師として勤め始めると他の職員に、親戚のコネ採用だと、あらぬ噂を広められ学校内で孤立してしまうハヌル。誰も自分の事を信じてくれず、頼れる相手もいない。ハヌルはいたたまれず学校をやめようとするが…。
新人教師であるハヌルが、所属する進学部のメンバーやその他の職員達と関わりながら奮闘し成長していく感動のヒューマンドラマ。

ブラックドッグ(ネタバレなし)

1話から秀作

忙しくてなかなか感想が書けず、このドラマも観終わってからしばらく経つのですが、この感動はまだ色褪せず。

いや~、本当に良いドラマでした(感涙)

私は1話からハマってしまい、完全に心を動かされました。

1話を観終わった時点で、「たとえこの先のストーリー展開で面白さが失速したとしても、このドラマはきっと5点満点だわ」と思った程、1話だけで秀作の予感がしました。

臨時採用の新人教師、コ・ハヌル

ブラックドッグ

私立テチ高校、進学部所属、国語科、3年5組の担任。
高校生の時にバス事故に遭い、臨時採用の男性教師に救われる。命を落とした男性教師がなぜそこまでして自分を助けてくれたのか、その答えが知りたくて教師を目指し、11年後に私立テチ高校の臨時教師となった。

ハヌル役はソ・ヒョンジン
「僕が見つけたシンデレラ」では女優オーラ全開で衣装もメイクも美しく派手な印象でした。

あのドラマも好きだったし、ソヒョンジンの演技も上手くて素敵でした。

でもでも!!!
私はこのブラックドッグでのヒョンジンssiの方が何倍も好きです!

等身大の新人教師をナチュラルに演じていて、派手さは無いけど存在感はしっかりある。
挫けそうになりつつも、前を向いて奮闘するハヌルにいつしか感情移入し、見ているだけで勇気が貰えました。

進学部、パク部長

ブラックドッグ

私立テチ高校、進学部長、国語科。
生徒の為に時間と労力を惜しまず全力で奮闘する熱血教師。学校の大黒柱的存在でもあり、臨採として進学部に入ってきたハヌルを厳しくも温かく見守る。

このドラマは何と言ってもこの方の存在が大きかった。
パク部長を演じる、ラ・ミラン

今やどこから見ても教師にしか見えません!(笑)

ラミランssiと言えば、「僕が見つけたシンデレラ」にもハンセゲが変身する一人として出演されていましたが、その時の演技も凄かった!あのドラマで私が一番泣いたのはミランssiの演技でした。

ですが本作では全く違った印象で、強く逞しく熱い教師を演じています。

多くを語らずとも伝わるパク部長の想い。この二人のシーンはどれも心にグッときます。

進学部 メンバー

あと他の進学部メンバーはこの二人。

ブラックドッグ

ペ・ミョンス先生と、

ブラックドッグ

ト・ヨヌ先生

この二人のキャスティングもピッタリでした。話し易くてムードメーカーなペ・ミョンス先生と、クールだけどさり気なくフォローしてくれるト・ヨヌ先生。

お二人共良い意味で派手さが無く、「こんな先生いそう」と思わせてくれるぐらいハマっていました。

それにしても個性豊かなテチ高校の教師の面々の中、よくこの進学部にハヌルが配属されたものだわ。他の部なら辞めてしまいそう(笑)

教師目線のストーリー

本作は学校が舞台ですが、よくある学園もののように、生徒がメインではなく、教師目線のストーリーになっています。

教師同士の妬みや派閥、保護者からのクレーム、生徒獲得の為の戦略…。

もちろん生徒との関わりもありますが、あくまでも教師主体。
そしてこの教師達が個性豊か!


▲個性豊かな面々


▲ハヌルの教科パートナーとなったキム・イブン先生

↑この方も最初はかなり困った人でしたが、案外こういう人って職場にいたりしますよね(^^;)ありそう~!と思いながら観ました。

誰もが共感できるリアリティ

このドラマの魅力はそのリアルさです

舞台は学校ですが、職場での人間関係はまさに「あるある!分かる!」と思うような場面の連続です。

人間関係って大変
正義が勝つとは限らない
人との関わりがあってこそ社会は成り立つ
家庭と仕事の両立

とかとか。
働いた事のある人なら、どこか必ず共感できるシーンがあり、そのリアルなストーリーに心奪われます。

そんな、働くって大変!人と関わるのって難しい!と思う一方で、人から得られる感動や生き甲斐のようなものを感じさせてくれるドラマです。

人間味あふれるドラマ

私は前半が特に好きでしたが、後々仲間となる先生達も、最初から優しく手を差し伸べないのです。

自分で立ち上がれ、みたいな。

その厳しさの中に、立ち上がるのを待ってくれている優しさを感じました。

学校では色々な出来事が起こるのですが、2~3話ごとにテーマが変化しストーリーが進んでいきます。

ある出来事を乗り越えた時、まだその余韻が残っているので次の出来事に感情移入出来ない…と思いつつ続きを観るのですが、これがまた次もその次も、どの出来事も脚本が良くて心にジンジン響くのです!

この温かい感じ、「私のおじさん」と同じものを感じます。曲も同じsondiaですしね~。

 




ブラックドッグ(ネタバレあり)

↓以下ネタバレあり

テチ高校正規職員採用試験の結果

思わず身を乗り出して「そうきたか!」と唸ったのが12話のラスト

テチ高校の正規職員採用試験に合格するのは果たしてどちらなのか?

臨採6年目のチ先生か?
一次試験の点数が1位だったハヌルか?

パク部長やムン部長はチ先生を推薦するも、ト・ヨヌ先生の必死のプッシュでハヌルの可能性も…。

単なる採用対決というだけでなく、チ先生はハヌルがコネ採用だと噂を流した過去があり、それぞれの思いが複雑に絡み合い、さぁどうなる⁉と息を飲んで観ていたら…。

採用試験の結果を知ったムン部長は、チ先生のスリッパ(だと勘違い)を握りしめて猛ダッシュ!

ここーっ!号泣。泣きました…。

あれ程切望したテチ高校の正職員を諦め去っていくチ先生と、今まで抑えていた感情が溢れたムン部長。

ムン部長はそれまで無表情で、いまいち感情が読み取れなかったのですが、まさかこのムン部長に感動させられるとは。

そして何よりこの後!

「国語科 合格者なし」

この結果、ハヌルのナレーション、そして流れるエンディングの曲。心への刺さり方が半端ないです。

そうきたか!まさかの展開!
脚本上手い!と拍手を送りたくなるような結果でした。

チ先生が不合格だったと分かった時点で、誰もがハヌルの合格を確信したのでは?
それがこの結果ですから、どこまでも深いこのドラマに感動せずにいられません。

続編が見たい

ラストはややまとめ感があり、どちらかと言えば13話ぐらいまでが山場に感じましたが、それでもとても心に響く良いドラマだったと思います。

続編が見たい。

ブラックドッグ OST

ブラックドッグのOSTは本当にどの曲も感動的です!

Sondia/Moonligh

↑優しい声とメロディで、この曲がラストに流れるだけで涙が出ます。

キム・ボヒョン/In My Shadow

ブラックドッグ 感想|まとめ

ラブ要素ゼロの、完全ヒューマンドラマですが、是非じっくり見て欲しいです。
ストーリーもキャストも派手さは無いですが、社会で生きる事を描くリアルさに、いつの間にか感情移入し元気が貰えるようなドラマ。多くの人がどこかの場面で共感できると思いますよ。

(本記事内の画像引用元全て:tvN)

マイ・ディア・ミスター 私のおじさん 感想|癒されるヒューマンドラマ韓国ドラマ「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん」を観ました。 評価の高いこの作品。傷つきながらも支え合う人々を描いたヒューマンド...