韓国ドラマ

プライバシー戦争 感想 韓国ドラマ|追って追われる詐欺戦争!

韓国ドラマ「プライバシー戦争」(原題:사생활(私生活))を観ました。

大企業と国家が企てた陰謀を暴こうとする詐欺師たちの追って追われる詐欺戦争を描いたドラマ。

タイトルからして、クールでスリリングな頭脳戦が繰り広げられるドラマなのかと想像して観始めましたが、予想外にラブ要素や人間味のあるドラマでした。




プライバシー戦争 作品情報

公開年:2020年10月7日~2020年11月26

製作:韓国(JTBC)

ジャンル:サスペンス、ラブストーリー

脚本:ユ・ソンヨル「ハートレスシティ~無情都市~」

演出:ナム・ゴン「テバク」「愛の温度」

話数:全16話

 

 

プライバシー戦争 キャスト

  • チャ・ジュウン役(ソヒョン)
  • イ・ジョンファン役(コ・ギョンピョ)
  • チョン・ボッキ役(キム・ヒョジン)
  • キム・ジェウク役(キム・ヨンミン)
  • ハンソン役(テ・ウォンソク)
  • キム室長役(キム・ミンサン)
  • チャン・ミンジョン役(チャン・ジニ)
  • ジュウンの父親役(パク・ソングン)
  • ジュウンの母親役(ソン・ソンミ)

 




プライバシー戦争 あらすじ・予告

あらすじ

詐欺師の両親の元で育ったジュウン(ソヒョン)。ある時父親が別の詐欺師に騙され刑務所に送られてしまう。大人になったジュウンは敵を討つ為に自身も親と同じ詐欺師として生きながら、父親を陥れたチョン・ボッキに復讐しようとする。しかしその計画は失敗に終わりジュウンは実刑となってしまう。1年後に出所したジュウンは詐欺パートナーでもあるハンソンにある仕事を頼まれ、それがきっかけでイ・ジョンファン(コ・ギョンピョ)と出会う。二人は自然と恋に落ち、ジュウンはジョンファンのプロポーズを受ける。しかし結婚式当日思わぬ展開に。

 

感想(ネタバレなし)

詐欺師の元で育ったジュウン

詐欺師の両親の元で育てられ、自らも詐欺師として生きるジュウンを演じるのが少女時代のソヒョン

とにかく綺麗!
私はソヒョンちゃんの演技もそれ程悪くなかったように思いますが、ジュウン役の阿婆擦れ感が凄いです、笑。そこが何となく無理があるな~と違和感がありつつも、ソヒョンちゃんの華やかさに何度も見惚れました。

GKテクノロジー開発第二チーム長 ジョンファン

ジョンファンを演じるのはコ・ギョンピョ

ギョンピョssi、以前見たドラマではそれ程魅力を感じなかったのですが、本作では登場シーンからとにかくカッコイイです!

ジョンファンは容姿端麗でスマートで甘く、完璧な彼氏なのにどこか本当の姿が見えない謎の男。そこがまたミステリアスで、前半はこのジョンファンが気になって先を見続けたくなります。

 

サブキャスト

ストーリー全体では物足りなさを感じたものの、最後まで見続けられたのは、主演二人のラブ部分が好きだったのと、あとこのサブカップルの演技に見応えがあったから。

↑特にこの方、キム・ジェウクを演じるキム・ヨンミンssiがバリバリの悪役で、それも色気もあり良かったですね~。とてもあの耳野郎(愛の不時着)と同一人物とは思えない!

あとこちらのチョン・ボッキを演じるキム・ヒョジンssiの昭和感漂う衣装やネットリした演技も良かった!

なのでキムジェウクとチョンボッキの二人のシーンは笑ってしまう程濃厚でした、笑。

あと、サブキャラとして凄く良かったのはジュウンの詐欺パートナーでもあるハンソン

特にジュウンが結婚すると知った時の演技はリアルで、行動全てが男前です!

総評

最初の1話、2話は物凄く面白いです。

斬新で全く先が読めず、このドラマ全体がどういう展開なのか想像もつきません。

まず最初の詐欺のシーンが笑える。
詐欺を「ドキュメント」、詐欺師を「出演者」、詐欺の計画を「シナリオ」だと言い、自分達は役者なのだと堂々と言い張る両親が今までにないタイプの詐欺師でユーモアたっぷり。

足が無いふりをして物乞いをしたり、娘を道路に突き飛ばして人身事故の治療費を巻き上げるとか…詐欺が陳腐過ぎて、笑。

そんな面白おかしい詐欺家族の父親が捕まり、娘のジュウンが復讐に立ち上がる…ってところまで、ハイスピードで展開していくので目が離せません。

さらにもっと心を掴まれるのが、予想外にラブモードが入ってきた事

ジュウンの復讐物語だけかと思えば、2話で突然素敵な男性ジョンファンが現れます。

この登場の仕方もメチャメチャカッコ良くて、さらに再会シーン、恋人になっていく過程、プロポーズ…と、この全てが2話だけであっと言う間に展開していく訳ですが、これが意外に甘くて良いのですよ~。

ソヒョンちゃんもギョンピョssiも、そこまで演技が良いと思いませんでしたが、二人のケミが良かったのかな?終始この二人のラブシーンには見惚れる良さがありました。

そして2話のラスト。なるほど、これは面白い!という展開で、ワクワク感でいっぱいになります。

…ただ後半は下降気味で、最初に期待した程の展開が無かったのが残念。

 




感想(ネタバレあり)

↓以下ネタバレあり

 

登場した時から怪しさ満載のジョンファンでしたが、2話のラストで結婚式に現れず、「やっぱりそうきたか~!これは面白くなるぞ」と期待感が膨らみました。

そして3話以降はジョンファンが死んでしまった事になり、それでも見ているこちらは生きている事が分かっている訳で、「いつ二人は再会するの?」というのを期待して、サスペンスよりもラブストーリー目線で楽しめました。

ただ後半がね~、う~ん残念。

二人がお互いの秘密を知り合うまでが一番面白かった

でも私はジョンファンがジュウンの素性を知った上で近付いてきたと思っていたので、詐欺師だと知らなかった事に少々がっかり。
スパイ興信所をやりながら、そんな事にも気付かないの⁉あり得ないでしょ~!と思うのですが。
もっとジョンファンがデキル男だと思っていたので、意外と普通だった事が物足りませんでした。どっちかと言えばハンソンの方がカリスマ的ですよね。

そして後半は敵役だったチョン・ボッキとも手を組み、大企業の黒幕と戦うぞ!となっていくのですが、そこがダラダラと長く感じるだけで、意外性もなく。

前半はあんなに詐欺が面白く描かれていたのに、後半は詐欺はどこへ?という感じで、ただのアクションドラマのようになってしまった気がします

もっとアッと驚くとか、スカッと爽快感のある展開を見せて欲しかった…。

洋画の「Mr.&Mrs. スミス」や、「オーシャンズ11」のようなものを期待していたのですが、程遠かったです。

さらにラストの終わり方はあれでいいの~⁉

想像を残す終わり方は嫌いではありませんが、あの終わり方は中途半端。
このドラマはスッキリハッピーエンドの結婚式を見せてくれても良かったと思うのですが。

プライバシー戦争 OST

このドラマは曲も凄く良かったです。

Things To Love/ジェジュン

↑一番印象的なのはジェジュンが歌うこの曲。やっぱりこの映像見るだけでラブ部分が素敵だったな~と感じます。

The Most Ordinary Day/ヤンパ

↑でも私が一番好きだったのはこの曲。ラストでこの曲が流れるとつい続きが見たくなる。

 

まとめ

最後までフルスピードで面白かった!とは言えませんが、詐欺師という設定が面白いのと、意外とラブ要素が楽しめます。サスペンス部分はそれほど凝ったものではないので、サラッと見るのが良いかも。

「プライバシー戦争」はNetflixで配信中>>本ページの配信情報は変更される可能性があります。

(本記事内画像引用元全て:JTBC)