洋画・海外ドラマ

エミリー、パリへ行く 感想|ストーリーよりもファッション重視なドラマ

海外ドラマ「エミリー、パリへ行く」を見ました。

リリー・コリンズ主演。

原作・制作が「セックス・アンド・ザ・シティ」ダーレン・スターという事で話題の作品です。



エミリー、パリへ行く 作品情報

 

配信日:2020年10月2日(Netflix)

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ

原作・制作:ダーレン・スター「セックス・アンド・ザ・シティ」

話数:10話

 

エミリー、パリへ行く キャスト

  • エミリー・クーパー役(リリー・コリンズ)
  • シルヴィー役(フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー
  • ミンディー役(アシュリー・パーク
  • ガブリエル役(リュカ・ブラヴォー)
  • ジュリアン役(サミュエル・アーノルド)
  • リュック役(ブリュノ・グエリ)
  • カミーユ役(カミーユ・ラザ
  • アントワーヌ・ランベール役(ウィリアム・アバディー

 




エミリー、パリへ行く あらすじ

あらすじ
シカゴでマーケティングの仕事に励んでいたエミリー・クーパーは、思いがけずパリで念願の職を手に入れ、仕事に恋に友情に全力投球の夢の海外生活を開始する。(引用:netflix)

 

感想

前回にも書きましたが、私はリリー・コリンズのファンです。

さらに海外ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」も好きなドラマだった為、そのスタッフとの作品となれば期待せずにはいられません。

ただ、私はリリー・コリンズは「心のカルテ」「トールキン旅のはじまり」のようなシリアスな役の方が好きなので、こういうラブコメディがどう映るのか、やや不安もありつつの鑑賞となりました。

エミリー・クーパー

シカゴのマーケディング会社が働いていたエミリー。妊娠してしまった上司に代わり、突然フランス、パリに移住して働く事に。フランス語も話せず周囲の視線は冷たいが、エミリーは前向きに奮闘する。

やっぱりリリー・コリンズは可愛い!
そしてさすが「セックス・アンド・ザ・シティ」のスタッフという事で、まるでファッションショーのようなドラマ。

ドラマの中でエミリーが着る衣装がどれも可愛くて、正直なところストーリーよりもその衣装とスタイルにばかり目を奪われました。

 

パリのハンサムシェフ、ガブリエル

エミリーが住むパリのアパートの階違いに住むガブリエル。雇われシェフとして働いているが、パリで自分の店を持つのが夢。

いや、もう登場してすぐに分かります、彼がこのドラマでのお相手だと。

だってカッコよすぎる~!

このドラマ、たった10話で時間も短いのに、エミリーは次々と新しい男性と出会います。だけど他の男性とは別格にカッコよかったです、このガブリエル役のリュカ・ブラヴォー

リリー・コリンズの相手としてはピッタリでお似合いでした。

ストーリー全体の感想

※以下、辛口感想です。

肝心のストーリーですが、私は全くハマれませんでした。

残念なドラマとしか言えません。

一言で表現すると…古い

着ている衣装やリリー・コリンズの存在自体は今っぽさを感じるのに、とにかく脚本がひと昔前に感じてしまいます。

私は見ていて、リース・ウィザースプーンが演じそうな役だなぁ…と思いました。軽くてポップで、失敗だらけだけど前向きな女子が徐々に周囲の人を惹きつけて人気者になる、そんなストーリー。

ひと昔前なら面白く感じたであろう内容でも、今見ると「今更それ?」という感じが否めず。

リリー・コリンズは可愛かったですが、やっぱりシリアスな役の方が彼女の良さが引き立つような気がします。

 

フランスをディスる?

あと、一緒に働くフランス人達の冷たさ(意地悪さ)や、昼間からお酒を飲み仕事やる気ないの~って感じとか。

さらにタバコや犬のフンなど、フランスの嫌なイメージがそのまま盛り込まれていましたが、ブラックユーモアという程笑えず…。

さらにこれぞ「SATC」という感じで、下ネタがオープン。

だけど私はこれも受け付けず。
SATCでは同じような下ネタでもお洒落で面白く感じたのに、本作ではただただ下品にしか見えませんでした。リリー・コリンズと似合っていないのが大きな要因かな。

 

軽くファッション感覚で楽しむドラマ

ストーリーを追うと物足りないですが、内容なんて適当でいい、軽くて明るいラブコメが見たい!という方には丁度良いと思います。

元気で前向き、ネガティブ要素ゼロなので、落ち込んでいる時などに見るには逆に良いかもしれません。

特にリリー・コリンズのファッションは本当に可愛いので、ファッション目的でも楽しめると思います。

 

 

サブキャラは魅力的

エミリーがフランスで出会う人々は魅力的でした。

特に私はこのドラマで唯一と言っても良い程、気に入ったのがこのミンディ
エミリーと親友になっていきますが、彼女のサバサバしたキャラがフランス人達のねっとりした雰囲気と真逆で良かったです(笑)

 

シーズン2は?

この手軽さのドラマなので、私はシーズン1で完結だと思い込んで見ていました。

ですがラスト。
これは続きがあるような終わり方なので、シーズン2も可能性はありますね。
制作のダーレンも続編について匂わせ発言をしているようです。

 




まとめ

1話が30分程度で全10話なので、サクッとあっという間に一気見する事が出来ます。
あまりストーリーには期待せず、軽く楽しむ気持ちで見るには丁度良いかも。

「エミリー、パリへ行く」はNetflixで配信中!

韓国映画「オクジャ okja 」感想|賛否両論、見る人を選ぶ作品韓国映画「オクジャ okja」を見ました。 「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物-」、そして「パラサイト-半地下の家族-」のポン・...