不滅の恋人

「不滅の恋人」9話あらすじ感想・動画|涙もラブシーンも美し過ぎる

不滅の恋人

ロマンス時代劇の韓国ドラマ、「不滅の恋人」の第9話です。

前回、女真族の元から逃れる事が出来ずそのまま終わってしまいました。
護衛のキム・グァンは殺され、フィと側近は捕まったまま。

そしてあれから3年
女真族の娘ルシゲを含めた3人が遂に逃亡し、都に向かいます。

では9話、いってみましょう!

不滅の恋人 各話感想↓
5話 6話 7話 8話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話

 



不滅の恋人 基本情報

公開日:2018年3月3日~5月6日

制作国:韓国


ジャンル:ロマンス時代劇

脚本:チョ・ヒョンギュン「三つ葉のクローバー」「イニョプの道」

演出:キム・ジョンミン「伝説の故郷‐妓房階段」「王女の男」

話数:全20話

 

不滅の恋人 キャスト

  • イ・フィ/ウンソン大君役(ユン・シユン)
  • ソン・ジャヒョン役(チン・セヨン)
  • イ・ガン/チニャン大君役(チュ・サンウク)
  • ルシゲ役(ソン・ジヒョン)
  • ユン・ナギョム役(リュ・ヒョヨン)
  • 大妃シム氏(ヤン・ミギョン)
  • イ・ジェ/ヤンアン大君役(ソン・ビョンホ)
  • ソン・オク役(イ・ギヨン)
  • アン氏役(キム・ミギョン)
  • ソン・ドゥクシク役(ハン・ジェソク)
  • クッタン役(ムン・ジイン)
  • パク・キトゥク役(ジェホ)
  • 国王役(ソン・ジェヒ)

 




不滅の恋人 9話 あらすじ

イ・フィが北方で戦死したとされて3年が経過。都では国王が倒れ危篤だが、王の息子はまだ幼い。イ・ガンは、今こそ王座に就く絶好の機会だと宮殿に向かう。そのころ、やっとの思いで帰還したイ・フィは宮殿へ。だが、ボロボロの姿の男が、戦死したはずのイ・フィだと護衛が信じるわけもなく中へ入れない。イ・フィは、なんとか母である大妃(テビ)に生存を伝える策を練る。一方、チャヒョンは別の王族との祝言を迫られていた。(NHK公式ページより)

 

続き(ネタバレあらすじ)はこちら

・3年経ってもチャヒョンはフィを忘れる事はなく、ガンの元を訪れ、ガンが仕組んだ縁談を破談にして欲しいと頼む。

・しかし破談に応じてもらえず、フィ以外の元に嫁ぐのが嫌なチャヒョンは自分で髪を切り尼になる覚悟をする。

・ルシゲの協力もあり、ようやくフィは大妃(テビ)に会い、自分が生きて戻った事を伝える事が出来た。

・国王はフィが戻った事で安心しフィに遺言を遺し、フィと大妃(テビ)が見守る中で息を引き取る。

・ガンからチャヒョンがもうすぐ嫁ぐと知らされたフィは、慌ててチャヒョンに会いに行き、3年ぶりに二人は再会し抱き合う。

・フィが戻った事で焦るガン。大妃(テビ)に自分が世継ぎになるべきだと説得に行くが、母である大妃と対立しただけ。

・ガンは世子(セジャ)を人質に取ろうとするが、フィが立ちはだかる。

・フィはガンの元に行き、ガンが王位につく為に裏取引をした事を追及し、兄と弟の対立関係が始まる。

 

不滅の恋人 9話 感想(ネタバレあり)

フィ達はどうやって女真族から逃げてきたの?どんな3年間だったの?

全く触れていません(^^;)

「さぞや大変だった事でしょう」の言葉で済まされた3年間で、一体どうやって逃げてきたのか全く不明ですが、このドラマはそれでもOK!

ストーリー重視のドラマや映画なら、ツッコミたくなりますが、このドラマは恋愛ドラマです、ロマンス性さえしっかりしていれば、後のストーリーは適当でもいいんです。と、私は思いますけど…ダメ?(^^;)

3年ぶりの再会シーン

そんな恋人、フィとチャヒョンが3年ぶりに再会するシーン。

1話で放送されたシーンですが、ようやく時系列がこの場面にたどり着きました。

感動の再会シーン

だけど個人的にはちょっと物足りないかなぁ。
チャヒョン、もっともっと感情的になって欲しかった。良くも悪くも綺麗過ぎて。

 

夕日の中でのキスシーン

一方、この再会シーンの後、二人きりでゆっくり語り合うシーンはかなり良かった!!メチャ良かった!素敵でした!!

フィ「その髪は、どうしたのだ。私が恋焦がれていた想い人の姿とはまるで違う」

チャヒョン「大君様も以前とは違います。酷く痩せて…少し老けたような気が…」

フィ、チャヒョンの髪を撫でながら…
フィ「まるで子供のようだ」「だが今も美しい」

↑この、「まるで子供のようだ」からの流れ、セリフ、表情、声、やっぱり良いよーユン・シユン!あぁ、素敵過ぎる…。

さらに…尼になる覚悟をしていたと告げたチャヒョン。

チャヒョン「他の人には嫁ぎたくなかったので」
フィ「ありがとう。待っていて欲しかったが他の者に嫁いだかもしれぬと思っていたのだ。嫁いでも恨むのは間違いだと…そう己に言い聞かせた」

チャヒョン「戻るとおっしゃいましたよね。死なないと約束したのに。私を信じなかったなんて。周りの人達にもう戻らないと言われても私は聞かぬフリをしてひたすら待ち続けたのに。私が嫁いだと思っていたのですか?」
フィ、チャヒョンを抱きしめる。

うんうん、この時のチャヒョンがいいのよ。
一途に思っていた事を訴える気持ちが表情や口調に出ていて、チン・セヨンちゃん、いい感じの演技です!

で、で、で!!
この後にフィがチャヒョンを抱きしめるとこ!

ギュッ!ギュッ!って二度抱き⁉するでしょう?
この二度目のギュッ!に萌えました…ワタクシ。

画面からも力いっぱい抱いている事が分かるのと、その流れでこぼれ出るチャヒョンの泣き声も自然で、このシーンはかなり好きです。

そして最後に二人で久々のキスシーン。
夕日の中で風景は美しく、まぁ絵になる二人だわ。

 

家まで送り届けたシーン

そして二人はチャヒョンの家に戻り、いつまでも別れを惜しむシーン。

チャヒョンがいつまでも家の中に入ろうとしないのをフィが中に送り、

フィ「さぁ中へ、私が帰れぬであろう」
チャヒョン「お忙しいのは分かります」
フィ「待っていよ。恐れることはない」

この時のフィの声と表情も凄くいいです。
特にここのシーンは吹替えではなく、韓国語で聞くべき!吹替えの時と優しさとか気持ちのこもった感じが違います。

日本語のフィの吹替えも十分素敵な声だけど、このドラマは絶対に韓国語がいいですね。チャヒョンの声も。そりゃ本人だから当然だけど、観ていてしっくりきます。

 

やっぱりラブシーンあってこそのドラマ

ストーリーが単純な分、やっぱりこのドラマは感動的なラブシーンがあってこそです
なので前回二人が会えなかった回は物足りなかった…。

でも会えないのがたった1話分だったって事にも笑っちゃうけど。凝縮し過ぎやろ。

3年も会えなかったと言いつつ、ドラマ的には一週間分会えなかっただけ…って思うと、観ていても「わー!やっと会えた!」って感動は無かったですね(^^;)

でもいいんです。
素敵だから。胸キュンシーンがあれば。

 




不滅の恋人 9話 メイキング

と、そんなラブシーンのメイキング。

こんなに何回もやってるの?(汗)

もう口なんだか何なんだかお互い分からなくなりそう(笑)

韓国ドラマってハイスピードで撮影していくから、キスシーンなんかもじっくり…というより、何回も数打てばOKが出るだろ、みたいな勢いかしら(^^;)

韓国の俳優さん達って、とにかく涙を流すシーンが多いけど、よく何度もそのテンションをキープ出来るねーって感心します。

 

不滅の恋人 10話 予告

次回は急展開、フィとチャヒョンが祝言をあげる⁉

そこにはまたガンの思惑がありそうですが、それでもとにかく二人が早く夫婦になって欲しい!

「不滅の恋人」はU-NEXTで配信中
本ページの配信情報は変更される可能性があります