海外ドラマ・洋画

ダッシュ&リリー 感想 Netflix |可愛くて癒されるロマンチックドラマ

Netflixで配信中の海外ドラマ「ダッシュ&リリー」(原題:Dash & Lily)を観ました。

一冊のノートを通して心の交流を深めていくピュアなロマンチック・コメディ。

ただのティーンドラマだと思ったら、予想を超える秀作でした!

クイーンズ・ギャンビット」といい、最近海外ドラマの面白さを再実感しています。




ダッシュ&リリー 作品情報

配信日:2020年11月10日(Netflix)

製作国:アメリカ

ジャンル:ラブストーリー、コメディ

原作・制作:ジョー・トレイス

話数:8話

 

 

ダッシュ&リリー キャスト

  • ダッシュ役(オースティン・エイブラムズ)
  • リリー役(ミドリ・フランシス)
  • ブーマー役(ダンテ・ブラウン)
  • ラングストン役(トロイ・イワタ)



ダッシュ&リリー あらすじ・予告

あらすじ
皮肉屋のダッシュと前向きなリリーは、互いへの思いと挑戦を書いた赤いノートをNYの街角で交換し続ける。クリスマスの奇跡が、正反対な2人の心をつないでゆく。
(引用元:Netflix)

 

感想(ネタバレなし)

最高に良かったです!

元々クリスマスのラブコメはちょっと苦手。
やたら騒がしくて内容が薄いものが多くて(辛口)

さらにティーン向けな印象の本作。
なので期待せず観始めたのに、なんだこの素敵なドラマ。1話からこの癒される雰囲気にすっかりハマりました。

 

リリー(ミドリ・フランシス)

恋を夢見る日系17歳女子。クリスマスは大好きだけど、友達も彼氏もいなくて周囲に馴染むのが苦手。今年のクリスマスは家族も出かけると知り、一緒に過ごせる彼氏が欲しいと焦る。

リリーを演じているのがミドリ・フランシス。日系の女優さん。

海外ドラマのラブコメで日系の女の子が主演なんて、遂に~!という感じですよね。
ただ見ていると、ルックスはアジアのエキゾチックさはあるものの、そのキャラクターに全く日本らしさは感じませんでした。

ただリリーやその家族の異国な雰囲気があるからこそ、よくあるポップなラブコメとは一味違う印象になっていたと思います。

ちなみに、ミドリ・フランシスはインスタなどでナチュラルメイクの姿を見ると印象が違い、日本人を感じるお顔でドラマで見るよりずっと綺麗!

ダッシュ(オースティン・エイブラムズ)

クリスマスが嫌いで人との付き合いが苦手な皮肉屋。本が好きで本屋に置かれたリリーのノートを見つける。

ダッシュを演じるのがオースティン・エイブラムズ

このクールさと草食系がツボ。
メチャ恰好いいです。

ルックスは良いのに派手なモテ男ではなく、一人でいる事を好み心を開くのが苦手というキャラクターが本作の交換ノートの相手にピッタリでした。

赤い交換ノート

物語はリリーが彼氏を見つける為の作戦として、書店に自分の赤いノートを隠し置く事から始まる。それを見つけたダッシュ。ノートには「挑戦」のメッセージが書かれていて、それをクリアしたダッシュは返事を書き、そこから二人の交換ノートが始まっていく。

このデジタル時代にアナログな交換ノートという設定が逆に新鮮!

ストーリーは常にこのノートを中心に進んでいき、二人は実際に出会う事なくノートだけで会話していきます。

ノートに書かれるメッセージも後半になるにつれ甘くてロマンチック!
使われているのは赤いノートですが、まるで赤い糸をたぐり寄せていく過程を見ているよう

落ち着いた青春ドラマ

ティーン向けかと最初は思っていましたが、大人でも十分楽しめるドラマ。
いや、大人だからこそ余計に二人の恋愛が可愛く愛おしく感じられるのかも。若さの中に繊細さと落ち着きがあるドラマでした。

リリーもダッシュもそれぞれ生きづらさを抱えていて、彼らに共感出来る場面も多く、後半の気持ちがすれ違うシーンなどは見入ってしまう程大人。
ラブコメらしい軽いストーリー展開の中にも、所々でぐっと突き刺さるセリフなどがあり、自分らしく生きるというメッセージを感じました

私がこのドラマで一番良かったのはそこ。

その一方で若者らしいピュアさもあり、そのバランスがとても良かった。

サイドキャラがみんな素敵

登場人物は少ないですが、サイドのキャラがとても良いです。

特にダッシュの友人のブーマー

絶対友達になりたいキャラ。
ダッシュの恋愛を見事にアシストし、さらに的確なアドバイスをする場面もあり、なんていい奴なんだ~!と大好きになります。

さらにいい味を出していたキャラが、リリーの兄

コメディ部分も笑わせてくれるし、リリーとは何でも話し合う友人のよう。
ゲイですが、ラストの兄と恋人のシーンが最高に良くて大好き!

日系の俳優が出演

リリーの兄も含め、母親や祖父も日系の俳優が演じています
さらにリリーがダッシュに出した挑戦の中で、「餅作りの教室に参加」するシーンまであり、この時には日本人のお婆さんが勢揃いで出演。
他にも大晦日の年越しそばや、お年玉など、日本らしさを意識したシーンがあるにも関わらず、ちょっと本当の日本と違うな…という印象。
そういう事も全部ひっくるめて見どころ満載です。

 

総評

いや~、マジで良かったです。
最近こういう若いドラマの方がキュンキュンくるなぁ。

前半はこの先の展開にワクワクさせられ、後半にかけてぐっと本当のラブストーリーに変化していく様子も素敵。

終始ニヤニヤしながら見て幸せでした!




まとめ

凝った内容では無いのですが、見やすくひたすら可愛くロマンチック。癒されて幸せな気分になれるドラマです。1話も短く全8話なのであっという間。是非お勧め!

「ダッシュ&リリー」はNetflixで配信中
本ページの配信情報は変更される可能性があります

クイーンズ・ギャンビット 感想 Netflix|完璧なキャストで絶対ハマる面白さ!Netflixで配信中の海外ドラマ「クイーンズ・ギャンビット」を観ました。 母親を亡くし孤児院で育ったチェスの天才少女が才能を開花...
エミリー、パリへ行く 感想|ストーリーよりもファッション重視なドラマ海外ドラマ「エミリー、パリへ行く」を見ました。 リリー・コリンズ主演。 原作・制作が「セックス・アンド・ザ・シティ」のダーレ...

(本記事内の画像引用元全て:Netflix)