不滅の恋人

不滅の恋人 17話あらすじ感想・動画|立場逆転!悪役が消える時

不滅の恋人

ロマンス時代劇の韓国ドラマ、「不滅の恋人」の第17話です。

前回、先王を無事連れ出したフィとチャヒョン。

今回はチンヤン大君の悪事を暴き、ガンを追い込んでいきます!

では17話、いってみましょう!

不滅の恋人 各話感想↓
5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 18話 19話 20話

 



不滅の恋人 基本情報

公開日:2018年3月3日~5月6日

制作国:韓国


ジャンル:ロマンス時代劇

脚本:チョ・ヒョンギュン「三つ葉のクローバー」「イニョプの道」

演出:キム・ジョンミン「伝説の故郷‐妓房階段」「王女の男」

話数:全20話

 

不滅の恋人 キャスト

  • イ・フィ/ウンソン大君役(ユン・シユン)
  • ソン・ジャヒョン役(チン・セヨン)
  • イ・ガン/チニャン大君役(チュ・サンウク)
  • ルシゲ役(ソン・ジヒョン)
  • ユン・ナギョム役(リュ・ヒョヨン)
  • 大妃シム氏(ヤン・ミギョン)
  • イ・ジェ/ヤンアン大君役(ソン・ビョンホ)
  • ソン・オク役(イ・ギヨン)
  • アン氏役(キム・ミギョン)
  • ソン・ドゥクシク役(ハン・ジェソク)
  • クッタン役(ムン・ジイン)
  • パク・キトゥク役(ジェホ)
  • 国王役(ソン・ジェヒ)

 




不滅の恋人 17話 あらすじ

イ・ガンは、宮殿に迎えた女真族の使節団の長を殺してしまう。一団の宿泊する部屋を調べ、かつて自分が王座に就くために行った裏取り引きの証拠となる密書を探す。イ・フィはルシゲを連れ、残っている女真族の使節に面会する。チャヒョンの居場所を突き止めたイ・ガンは、彼女のいる山寺へ向かう。だが、そこにイ・フィや幼い前王もいることは知らない。イ・ガンの動きに気づいたイ・フィは、急いで先に山寺へ。(NHK公式ページより)

 

続き(ネタバレあらすじ)はこちら

・皆で逃げようと言うフィに、チャヒョンは自分がガンを引き止める間に先王とフィだけで逃げるように言う。

・寺に残ったチャヒョンとルシゲの元にガンが現れる。

・チャヒョンはガンを引き止め心を揺さぶる為、「側室にはなりたくありません。正室の座を望みます」と話し、その気があるフリをする。

・チャヒョンを残してきた事が心配で、フィは先王をキトゥクに任せ、途中で寺に引き返す。

・チャヒョンは自宅に戻れる事になり、自宅まで送るガンと歩く二人の姿を陰から見つめるフィ。

・ナギョムは王妃の座を確実にする為、懐妊したと嘘をつく。

・自宅にいるチャヒョンの元にフィが現れ、互いに想い合う気持ちを話し抱き合う。

・フィ達はヤンアン大君の部屋で裏取引の密書を見つけさせ、先王を連れ去ったのもヤンアン大君だとガンに思い込ませる。

・ガンはヤンアン大君の処刑を命じ、その処刑の場に密かにフィが現れヤンアン大君は真実を知るが、そのまま処刑される。

 

不滅の恋人 17話 感想(ネタバレあり)

本当の悪人、ヤンアン大君がようやく消えました。

悪役が崩れていくので観ていてもスッキリする回です。

愛されている自信?

今回も、チャヒョンがフィと先王を先に逃がし、時間稼ぎの為に自分が残るという前回と同じパターンがありました(^^;)

今回はガンが突然やって来たので、フィと鉢合わせしない為に残ったチャヒョンですが…。

それにしてもチャヒョンは「自分は殺される事はない」と断言できる程、ガンにも愛されている自信があるのですねー。フィも言っていましたが。

「側室は嫌、正室ならなってもいい」

なんて、いつの間にこんな高飛車な事が言える女になったのよ、チャヒョン(^^;)

初々しい最初の頃が懐かしいです…。

フィのやきもち

さらに先王をキトゥクに任せ、チャヒョンの元に戻るなんて、それでいいのかフィ!

完全に尻に敷かれるタイプですよね、フィって(笑)

それに比べてルシゲの事も懐の大きさで受け止め、ドンと構えているチャヒョンは男前です。

 

ヤンアン大君の最期

ようやくヤンアン大君が消えました。

あ~スッキリ。

悪役でも最後にはどうにか残って良い人になって欲しいと思うパターン(ガンとか)がありますが、ヤンアン大君はフォローのしようがない悪人ですからね。

最後にヤンアン大君の前にフィが現れた時には格好良かったです。最近女々しいフィが久しぶりに男らしく見えました(笑)

 




不滅の恋人 18話 予告

次回は大王大妃にもフィが生きている事が伝わります。そしてガンもフィが生きている事に気付き始め…。

最終回まであと3話。

逆転していく展開が楽しみです。

「不滅の恋人」はU-NEXTで配信中
本ページの配信情報は変更される可能性があります